筋トレを行う部位の順番

トレーニングを行う時、どの部位からトレーニングを行っていくのがいいのでしょうか?

基本的には、大きい筋肉からトレーニングを行っていくのが一般的です。

理由は、小さい筋肉は大きい筋肉を鍛える時に補助筋として使うからです。

例えば、ベンチプレスを行う時は、手動は大胸筋ですが、補助筋として上腕三頭筋を使います。

ですので、先に上腕三頭筋を行うとベンチプレスで胸に負荷がかかる前に腕が疲れてしまう可能性があり、

パフォーマンスが下がってしまいます。

他のことでも同じことが言えます。

ですから、基本的にトレーニングを行う部位は胸や背中などの大きい筋肉をメインに行い、腕や肩などの小さい筋肉を最後に行っていくようにしていきましょう!

ただし、例外として最もハードに鍛えたい部位を最初に行うというパターンもあります。

これは、ハードに鍛えたい部位が最後だとエネルギーがなくてハードに鍛えられない場合があるからです。

ですので、最も鍛えたい部位を最初に行う場合は、例外です。

トレーニング分解法

筋トレは超回復をさせなければいけないので毎日行うのは逆効果だという話は別の記事で書きました。

しかし、毎日トレーニングをしてはダメだというわけではありません。

毎日トレーニングをする時には分割法というものを使っていきます。

分割法とはどう言ったものかというと、曜日によってやる部位を変えていくというものです。

例えば、月曜日は腕、火曜日胸、水曜日足、木曜日背中という風に日によってやる部位を変えていきます。

そうすることで、他の部位をやっている間にトレーニングして部位がしっかりと回復させることができるので効率的なのです。

ボディビルダーなどはこう言った風にしてトレーニングを行っています。

また分割法の良い点は、分けることで、1つ1つの部位をしっかりと追い込めるという点です。

全身を1日で行うと、どうしても後半の種目は疲れてしまい、ハードに追い込めなくなってしまいます。

ですから、ある程度トレーニングを行って、筋肉が強くなってきたら分割法を取り入れて、よりハードにおこんでいくようにされると効果的です。

​美しい日本へ!!

あなたの人生を美しくする第一歩をパーソナルジムコネクトが手助けします!!

東京のパーソナルトレーニングジムの事ならパーソナルジムコネクトへ