パーソナルトレーナーサポートタイプの違いを解説

パーソナルトレーナーと一言で言ってもサポートの仕方が全く違いますので、

その違いについて解説していきます。

 

まず、大手パーソナルジムなどに多いのが完全マニュアル化でのサポートです。

例えば、トレーニングメニューは全て決まっており、そのマニュアル通りに進めていくだけのサポートです。

スクワット10回、ベンチプレス10回などメニューは指示するが、手取り足取りフォームをサポートしてくれるわけではない。

こういったサポートのトレーナーは素人には全く向きません。

筋トレ素人にメニューを提供してやらせたとしてもフォームが崩れてうまくできません。

 

いいトレーナーのサポートのタイプは、一人ひとりの骨格や状況目標を把握して、それにあったメニューを作り進めていくタイプです。

また、ただ、メニューの提示ではなくしっかりとフォームも手取り足取り補助してくれるタイプのトレーナーは結果が出やすい良いタイプのトレーナーです。

 

また、コミニュケーション能力もトレーナーは重要です。

パーソナルトレーニングはマンツーマンで1時間〜1時間30分程度密室な空間でやっていくわけです。

ここで、トレーナーとの空間が辛いと感じでしまっては、モチベーションも高まらないでしょう。

むしろ、楽しめる1時間であれば、多少辛いトレーニングでもやりぬくことができますので、

トレーナーのコミュニケーション能力は非常に大事になります。

 

さらに、大事なこととして、トレーナーがどれだけお客様のことを考えてサポートしているのか。

と言うところも重要になってきます。

よく大手ジムなどでのアルバイトトレーナーの場合責任がない分作業的にサポートをしてしまう場合があります。

このような気持ちのトレーナーのサポートを受けたところで成果が出るわけがありません。

 

逆に個人でやっているようなトレーナーの場合は、自分自身が看板なため、どうにか成果を出そうと必死にやっています。

サポート技術も大事ですが、以外とトレーナーの思いも成果を大きく左右させる要因になります。

むきむきトレーナーには要注意

パーソナルトレーナーは自分自身もむきむきなのが一般的です。

当然、指導者のトレーナーがたるんでいては説得力がありませんのでしっかりと自分自身も鍛えているトレーナーがいいでしょう。

しかし、ボディビルのようなむきむきすぎるトレーナーにも要注意です。

これはどういうことかというとボディビルのような人は筋肉や体に対する知識はかなりある方だと思います。

しかし、トレーナーというのはお客様の体をいかに変えさせることができるかという仕事です。

そうなると、筋トレを教えるだけでなくメンタル的なサポート力も重要になってきます。

ボディビルダーのように自分がストイックに体を鍛えすぎていると、自分の感覚でトレーニングや食事指導をしてしまうケースが非常に多いのです。

例えば、食事はささみ、プロテインが当たり前。

痩せたいければ、それしか食べないでください。

筋トレに関しても自分のレベルに合わせて教えてしまうケースが非常に多く感じます。

 

それよりもお客様目線になり、親身にできない人がどうやったらできるのかを向き合ってサポートしてくれるトレーナーがいいでしょう。

​美しい日本へ!!

あなたの人生を美しくする第一歩をパーソナルジムコネクトが手助けします!!

東京のパーソナルトレーニングジムの事ならパーソナルジムコネクトへ